注文住宅の計画は焦らずゆっくりと

一戸建てマイホーム購入にあたり、建売住宅やモデルハウスを購入するのではなく、注文住宅にて理想の家を創りたいと思う人は多いでしょう。自分の設計した家が形になっていく姿には、一言では言い表せない喜びがそこにあります。そんな夢を実現する為に、注意して置く事について少しお話させて頂きます。自分で間取り等を考える際に、素人にとって難しいのが「空間の認識」です。平面図での絵を自分の頭の中で立体にし、尚且つ空間の広さを認識するのには経験が必要になります。つまりは、その感覚に一番長けているのは現場の大工さんです。「注文住宅なんだから全て自分で決める。」と、頑なって自分の意見を押し通すと、後で大きな失敗に繋がる事がありますので注意が必要です。住宅は建設が始まってしまうと図面通りにどんどん進んで行ってしまいます。変更したくてもそこにはまた、余計な予算を必要とされる事でしょう。そうならない為にも、計画は大工さんと一緒に、ゆっくり時間をかける事をお勧めします。